Android新時代 第48回 「ターミナルとZoomミーティング」 - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

Android新時代 第48回 「ターミナルとZoomミーティング」

最近は、コロナ禍の影響で、会社の取引先との打ち合わせも、すっかり、Zoomを使ったネットミーティングになりました。

いつもは、会議室に集って、PCで参加することが多いのですが、せっかくなので、別室でAndroidスマホから参加してみました。

以下、その様子をお伝えしたいと思います。

会議の時間が近づくと、主催者から、メールで、Zoomミーティングに参加するためのURLが送られて来ます。

このURLには、ZoomのミーティングIDや、パスワード情報も含まれているので、これだけで、会議に参加できます。

ターミナルからBMスマートに接続し、アクセスビューで、オルトキー+Aを押すと、「短縮名でアプリを起動」のウィンドウが開きます。

ここに、会議のURLを貼り付けてエンターキーを押します。

すると、スマホ側で「使用するアプリの選択」の画面が表示されます。

ChromeとZoomが選べたので、一応、両方試してみましたが、あまり違いが分からなかったので、今回は、Zoomアプリで参加することにしました。

〈主催者名〉のパーソナルミーティングルーム

退出

ホストがこのミーティングを開始するまで待機しています

しばらくこの画面で待っていると、ホスト側から接続されて、先方の声が聞こえてきました。

[オーディオソース]の項目を操作して、こちらの音声をオンにしました。

また、[マイビデオを開始]という所をクリックすると、こちらの画像を公開できるようです。

ヘッドフォンを接続していなかったのですが、会議中、こちらの音声をミュートしたい時などトークバックがしゃべってしまうと先方に聞こえてしまうので、ターミナルの操作が便利でした。

オルトキー+Jを押すと、BMスマート側に「画面テキスト一覧」のウィンドウが開きます。

このウィンドウで、「オーディオミュート」の項目を選択して、コントロールキー+エンターキーを押すと、直接、こちらの音声をミュートできます。

会議中、共有表示している資料などを確認したい場合は、画面が広い方がよいのでしょうが、音声で参加するだけなら、スマホでもよいかなと思いました。

ただ、トークバックの負荷もあるので、念のため、会議の前に、履歴から、他のアプリを閉じておいた方がよいかも知れません。

また、ヘッドフォンをしていないとハウってしまうことがあるようです。

先方の声の大きさは「通話音量」で調節できるので、この設定にも気をつけた方がよさそうです。

開発課 鈴木

Android新時代 第48回 「ターミナルとZoomミーティング」

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional