「BMシリーズ機器用ユーティリティ」最新情報 - お知らせ - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

「BMシリーズ機器用ユーティリティ」最新情報

最終更新日:2016/11/11
最新バージョン: Ver.6.5.0

「BMシリーズ機器用ユーティリティ」は、当社の点字ノートテーカー(BMシリーズ機器)をWindowsパソコンと接続して便利にご利用頂くためのソフトウェアです。
ダウンロードページから、最新のプログラム情報をダウンロードして頂けます。

BMユーティリティ Ver.6.5.0のご紹介 2016/11/11

皆様にご愛用頂いているブレイルメモのWindows版ユーティリティをこの度Ver6.4.0にバージョンアップ致しました。ブレイルメモをパソコンと繋いで、より便利にご使用頂けます。

BMユーティリティ Ver6.5.0での変更内容は、以下のとおりです。

1.Java実行環境のバージョンアップ
 同梱しているJAVA実行環境 JREを、現在の最新版、JRE1.8.0.101にバージョンアップしました。
 Javaは、BMユーティリティのブラウザ機能で使用しています。

2.Bmfep
 BMスマートで操作している時、以下の操作が可能になりました。
 ・コマンドキー+エンターキー:直接文字入力モードと、キー入力モードの切り替え。
 ・コマンドキー+スペースキー:IMEのオン/オフ。

3.ファイル選択ウィンドウ
 ファイルの追加コピー、追加切り取り操作が可能になりました。
 Ctrl+Cでコピーしたいファイルを登録した後、Ctrl+Shift+Cで、コピー対象ファイルを追加できます。
 また、Ctrl+Xで移動したいファイルを登録した後、Ctrl+Shift+Xで、移動対象ファイルを追加できます。

4.スピーチ機能
 スピーチエンジンにSapi5を選択している時、スピーチのボリューム調整が可能になりました。
 Win+Ctrl+Bを押して、KbdcSpeechウィンドウを開き、[設定]ボタンを押します。

5.漢点字対応機能
 漢点字変換テーブルを、シフトJISベースから、ユニコードベースに変更し、ユニコード漢字の変換に対応しました。
 また、ユニコード点字の点字表示に対応しました。

BMユーティリティ Ver.6.4.0のご紹介 2016/4/13

皆様にご愛用頂いているブレイルメモのWindows版ユーティリティをこの度Ver6.4.0にバージョンアップ致しました。ブレイルメモをパソコンと繋いで、より便利にご使用頂けます。

変更点

BMスマートシリーズの点字ディスプレイをパソコンなどと接続して点字ディスプレイプログラムを開いている状態でも、スリープしたり、電源オフできるようにしました。

BMスマートシリーズの点字ディスプレイから電源オフ、またはスリープが実行された場合は、パソコン側でポートを切断し、再接続のためのウィンドウを表示します(一部のアプリケーションを除く)。

BMユーティリティ Ver.6.3.0のご紹介

皆様にご愛用頂いているブレイルメモのWindows版ユーティリティをこの度Ver6.3.0にバージョンアップ致しました。ブレイルメモをパソコンと繋いで、より便利にご使用頂けます。

サピエ図書館検索ツールを追加しました。
スタートメニューの中の「すべてのプログラム」「BMシリーズ機器用ユーティリティ」の中から起動できます。

なお、以前まで同梱しておりました「bookterm」は現在のサピエ図書館では使うことができません。

BMユーティリティ Ver.6.2.2のご紹介 2014/8/21

皆様にご愛用頂いているブレイルメモのWindows版ユーティリティをこの度Ver6.2.2にバージョンアップ致しました。
ブレイルメモをパソコンと繋いで、より便利にご使用頂けます。
主な特長は、以下のとおりです。

  • (1) BMS16/BMS40へのクリップボード転送機能を追加しました。
  • (2)新しいアプリケーションBMMixerを追加しました。
    • このソフトウェアはBMスマートシリーズの点字ディスプレイとパソコンをオーディオケーブルで接続して、パソコンからBMスマートの音声を出力するためのソフトウェアです。
  • (3)BMS16/BMS40の USBドライバ用に通信処理を調整しました。
  • (4)インストーラが作成するショートカットを、通常のショートカットに変更しました。
    • ※アドバタイズメントショートカットではありません。
  • (5)BrlPadの保存で、複数行に渡る見出し行に改行コードを追加しました。
  • (6)BMChatの点字入力状態で、Ctrl+Vが使用できるように修正しました。
  • (7)BMTermのRTFファイル送信で、32kb以上の文書が送信できなかった問題を修正しました。

BMユーティリティ Ver5.0.1のご紹介 2012/06/08

皆様にご愛用頂いているブレイルメモのWindows版ユーティリティをこの度Ver5.0.1にバージョンアップ致しました。ブレイルメモをパソコンと繋いで、より便利にご使用頂けます。
主な特長は、以下のとおりです。

  • (1)DAISY3.0フォーマットに対応しました。
    • 録音データとテキストデイジーの両方に対応しています。
      独自の点訳エンジンにより、テキストデイジーの文章をそのまま点字でお読み頂けます。
      また、オーディオ再生は、オリジナルの再生エンジンで、3.5倍速までのスピード再生に対応しました。
    • BMユーティリティのデイジー再生機能は有料(2ライセンス、税込み7350円)とさせて頂いていますが、既にお試し期間が終了されている方にも、今回新たに、インストールから30日間の無料お試し期間を設定致しました。
      まだご利用頂いていないお客様は、この機会にぜひお試しください。

  • (2)テキストデイジーデータが作れるようになりました。
    • テキストエディタBMPadに、テキストデイジー変換機能を追加しました。
      テキストファイルや点字ファイルを、簡単にテキストデイジーファイルに変換できます。

  • (3)BMユーティリティに新たに、ファイラーソフト BMシェルが加わりました。
    • BMシェルは、点字表示対応のファイル管理ソフトです。
      ファイルリストのみのシンプルなウィンドウで、操作が分かりやすいのが特長です。
    • 選択したファイルの種類に応じて、各種のユーティリティ テキストエディタBMPadや点字エディタBrlPad、デイジープレイヤーBMViewerなどが自動的に起動します。
      もちろん、コンピュータにインストールされている他のアプリケーションも実行できます。

その他の追加機能として、

  • テキストエディタ BMPad: リッチエディットフォーマット形式で、階層的な見出し設定や、見出しの一覧表示が、より簡単な操作でできるようになりました。
    文書を書く時に、手軽に見出しを付けて、内容を整理できます。

  • 点字エディタ BrlPad・ 点字キーワードを指定して、フォルダ内のファイルから検索できるようになりました。

  • ブレイルメモ用通信プログラム BMTerm: ユニコードで保存されたテキストファイルやリッチテキスト形式のファイルも、自動点訳して、直接送信できるようになりました。

対応OS:Windows7, Vista, XP(32ビット/64ビット版)。

以下のインストーラは、32ビット版と64ビット版が別パッケージになっています。ご使用のパソコンに合ったパッケージを選択してください。
64ビットのパソコンに32ビット版のBMユーティリティをインストールすることはできません(この場合、インストーラがメッセージを出して、インストールを中止します)。
もし、ご使用のパソコンがどちらかがご不明の場合は、"C:\Program files (X86)"というホルダがあるかどうかご確認ください。
もし、このフォルダがあれば、64ビット版のパソコンですので、64ビット版のパッケージをダウンロードしてください。

「BMシリーズ機器用ユーティリティ」最新情報

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional