沿革 - ケージーエス株式会社

視覚障害者用福祉機器と精度の高いソレノイドの開発生産、産業用機器から民生用機器まで

沿革

1953年通信機器部品の生産を目的とする「株式会社広業社通信機器製作所」を東京都港区三田に創立
1959年直流ソレノイドの製造を量産化
1969年埼玉県比企郡小川町に埼玉工場完成
1983年資本金7,150万円に増資
1984年視覚障害者用点字セル開発、販売を開始
1985年視覚障害者用コンピュータ点字表示端末機を発売
1989年社名を「ケージーエス株式会社」に変更
1991年

 
視覚障害者用点字ディスプレイ、ブレイルノートを発売開始
資本金を1億円に増資
1992年ブレイルノートシリーズがグッド・デザインインターフェース賞を獲得
1993年点字プリンタ「エベレスト」を輸入販売開始
1995年

 
海外子会社 KGSフィリピン(KPC)を設立
ブレイルノート(BN46C)発売開始
1996年点字ワープロ「マウントバッテンブレイラ」および「ベーシックD」を輸入販売開始
1997年






本社・工場を埼玉県比企郡小川町に統合
世界初の点図セル(SC5)が、中小企業優秀新技術・新製品賞受賞
立体コピー作成機”ピアフ”を発売
ブレイルノート(BN46D)発売開始
視覚障害者用グラフィックセルで郵政省通信総合研究所と技術提携、製品を納入
1998年NHK放送技術研究所と点字端末装置で技術提携。創立45周年
1999年


世界初の点字ラベラー発売
世界最小・最軽量の点字セル(SC6)発売
2000年点字電子手帳ブレイルメモ(BM16)新発売
2001年



KPC(子会社)ISO9001、ISO14001認証取得
大型点図ディズプレイ(GD-8x6B)をNASDAと共同開発
点字ラベラー海外展開
2002年





資本金1億2,500万円に増資
ブレイルノート(BN46X)発売
世界初のグラフィック触覚ディスプレイ ドットビュー(DV-1)発売
世界最小・最軽量の点字セル(SC7、SC8)発売
2003年



点図セル(SC10)開発
ドットビュー(DV-2)発売
ソレノイド・KPSパワーアップシリーズ発売
2004年ブレイルメモ(BM24)発売
2005年


ブレイルメモ(BM46)、点字セル(SC11・12)発売
低衝撃ソレノイド、2ポジショナルスイングソレノイド発売
2006年


ブレイルテンダー(BT46)発売
第1回「元気なモノ作り中小企業300社」受賞
2007年


ブレイルメモポケット(BMPK)発売
点字セル(SC14)発売
2008年


本社新社屋竣工
第2回「塙保己一貢献賞」受賞
2009年






日刊工業新聞「最優秀経営者顕彰」受賞
点字ラベラー(BL-1000)発売
ブレイルメモ(BM32)発売
ソフトサウンドソレノイド・2シリーズ発売
海外子会社 上海開基司電子有限公司(KSC)を設立
2010年


ペルチェ型温度刺激装置発売
第7回「日本点字図書館 本間一夫文化賞」受賞
2011年



点字学習機ブレイルスタディ(BS1)発売
第10回バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰
内閣総理大臣表彰受賞
2012年


地震検知ストッパー、耐震ストッパー発売
りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞社共催「第25回中小企業優秀新技術・新製品賞 奨励賞」受賞
2013年創立60周年
ブレイルメモスマートBMS16発売
2014年ブレイルメモスマートBMS40発売
2017年資本金を1億円に減資

沿革

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional